【Java開発】Eclipseの動作を軽くする技をご紹介

Java講座を担当しています、川井です。

今回は、Eclipseの動作を軽くする技を紹介します。

というのも、Javaの開発にEclipseは必須のツールになってますが、いかんせん、起動していると動作が重くなりがちです。

特にビルドしているときは、他のツールにも影響を及ぼします。
私が実際に現場で試した、Eclipseの動作を軽くする技を3つご紹介します。

Eclipseのテーマをクラシックにする

以外にも早くなるようです。

ウィンドウ>設定>一般>外観
でテーマをクラシックに変更します。

見た目も通常のウインドウとそんなに変わらず、特に問題なく移行できると思いました。

iniファイルのメモリ設定を変える

なかなか難易度高めですが、iniファイルの設定値を変更します。

ちなみに、iniファイルは、eclipse.exeがある、パス直下にあります。
ファイル名は、eclipse.iniです。

-Xms2048m
-Xmx2048m
-XX:MaxPermSize=512m

を一番最後の行に入れると、軽くなりました。

こまめにrun garbage collectorをする

意外と忘れがちですが、これは大事です。

 不必要なメモリを削除していくことで、メモリを軽くできます。
ひたすらごみ箱マークをクリックするだけの地味な作業ですが、実際にやっている方が、動作が早いなと感じます。 

以上、Eclipseの動作を軽くする技3選でした。
現場でEclipseを使っていて動作が重いなと思う方はぜひお試しください。

ちなみに下記サイトを参考にしています。